関西のお寺巡り お寺のお線香の専門サイト

  1. TOP
  2. 関西のお寺
  3. 大阪のお寺
  4. 四天王寺(Shitennouji)

四天王寺(Shitennouji)

お寺のデータ

所在地
大阪市天王寺区四天王寺1丁目11-18
アクセス
大阪市営地下鉄谷町線「四天王寺夕陽ヶ丘前」下車、徒歩5分、または
大阪市営地下鉄御堂筋線・谷町線・JR「天王寺」・近鉄「阿部野橋」下車、徒歩15分
宗派
和宗総本山
山号
荒陵山(こうりょうざん)
創建
推古天皇元(593)年 聖徳太子
本尊
救世観世音菩薩
線香
なし
初訪問日
 
公式サイト
http://www.shitennoji.or.jp/
御詠歌
ありがたや 法(のり)のはじめの 天王寺 亀井にうかぶ 不動明王
備考
新西国三十三カ所霊場第1番札所、近畿三十六不動尊霊場第1番札所
  • 石の鳥居(西入口)(重文)

    四天王寺は大阪ミナミの街中にある。境内に私立の中・高校が併設されているので、学生の姿が多い。

  • 聖徳太子影向(ようごう)引導石

    四天王寺四石(転法輪石、伊勢神宮遙拝石、熊野権現礼拝石、引導石)の一つとされる。影向石とは神様が降臨したといわれる石。四天王寺のこれは聖徳太子が影向されるそうだ。

  •  

    聖徳太子影向引導の鐘

  •  

    乳布袋尊(なでほてい尊)

    『お腹の「福」は福を呼び、背中の「黄金袋」は財をよび、手に持つ「ひょうたん」は請願成就の、めでたい布袋尊』。
    長~いことずっと撫で回しているおばあちゃんがいました。福は分け合ってこそですよ。

  • 見真堂と親鸞聖人の像

  • 極楽門(西大門)

  • 極楽門の柱にあった転法輪

  • 西重門から金堂と五重塔

    こちら側が中心伽藍の拝観入口になっている。

  • 大師堂

  • 阿弥陀堂

  • 萬灯院(紙衣(かみこ)堂)

    ご本尊は十一面観世音菩薩。紙の衣を着た羅漢が安置されていることから、「かみこ堂」とも呼ばれている。

  • 木槌たたき

    横の臼と自分の身体の悪いところを交互に叩きます。悪いところは治って、健康な人は益々健康に。

  • 仁王門と五重塔

    四天王寺式といわれる伽藍配置で、仁王門、五重塔、金堂、講堂が南北一直線に配置されている。

  • 南大門

    中の仁王門に仁王様がおられるせいか、こちらには誰もおられない。何か寂しいな。ウルトラマンでも入れればよいのに。

  • 南鍾堂

    八角円堂ですね。

  • 大師殿の門(寅の門)

  • 大師殿(聖霊院)前殿

    昭和29年再建。四天王寺は殆どの伽藍を昭和20年の戦災で消失している。中には聖徳太子十六歳像が安置されている。

  • 聖霊院奥殿

    ご本尊は聖徳太子四十九歳像。前殿とは廊下で繋がっている。法隆寺の夢殿も八角堂ですね。そういえば、法隆寺にも聖霊院(東室)があったな。

  • 聖霊院奥殿

    屋根は八角だが、建物は円形だった。見事な曲線だ。

  • 長持形石棺蓋(古墳時代)

    宝物館の前に展示されている。江戸時代には加盟堂の横の溝にかかる橋として使われていたが、後に石棺の蓋であることが分かり、明治時代より移転、保管されているそうだ。この横には石の鳥居の笠石も展示されている。

  • 宝物館

  • 亀井不動尊

    水かけ不動様だ。近畿三十六不動尊霊場第一番札所。

  • 亀ノ池

    その名の通り亀だらけ。餌も沢山もらっているらしく、元気でのどかだ。

  • 石舞台と六時堂(重文)

    ご本尊は薬師如来。昼夜6回諸礼讃をするところから六時礼讃堂と呼ばれている。廊下には「重軽地蔵」があり、手で持ち上げて軽いと感じれば願いがすぐ叶うらしい。よっこらしょ・・・あ、結構重い(^^;。

  • 石舞台(重文)

    ここで年1回舞楽が行われる。

  • 北鐘堂

    ご本尊は阿弥陀如来。

  • 西休憩所

    軽い食事もできる。

  • 仏足石

    丸池の端にある。

  • 五重塔内部より南大門

  • 東重門

    完全な四角形配置。どの門から見ても建物が真正面の位置にくる。正面に見えるのは大師殿の猫の門。

  • 講堂

  • 五重塔と金堂

  • 龍の井戸

    この前に龍がいるんです。

  • 龍の井戸

    ほ~ら。伽藍の周りは仁王門と講堂とをつなぐ回廊になっている。見事にかっちり四角形だ。

庚申堂

  • 庚申堂の門

  • 庚申堂

    ちょうどこの日は庚申参りの日だった。

真光院(支院)

  • 鐘楼門

    真光院は四天王寺の支院。四天王寺前夕陽ヶ丘の駅を出てすぐくらいのところにある。

  • 六地蔵

  • どらえもん!?

    どこかの国が「”どらえもん”でなくて”どざえもん”です。決してマネしたわけではありません。」っていいそうな感じです。

  • 不動堂

ページの上部に戻る

mail to:8kayano@otera-senko.com (送信の際は先頭の"8"を削除してください)

©2000 Kayano, All rights reserved. ★不許転載