関西のお寺巡り お寺のお線香の専門サイト

  1. TOP
  2. 関西のお寺
  3. 奈良のお寺
  4. 当麻寺(Taimadera)

当麻寺(Taimadera)

お寺のデータ

所在地
奈良県北葛城郡當麻町当麻1263
アクセス
近鉄南大阪線「当麻寺」駅下車徒歩10分
宗派
高野山真言宗・浄土宗(奥の院)の二宗兼宗(曼荼羅堂以外の法会は真言宗のみ)
山号
二上山 
創建
612(推古天皇20)年、当麻皇子(聖徳太子の弟の麻呂子)
本尊
当麻曼陀羅図
飛鳥時代、623(推古31)年、司馬鞍首止利(止利仏師)作
線香
双塔、好文木、蓮華(本堂)、甘茶香(中之坊)、沈香 曼荼羅香(奥の院)
初訪問日
1996年11月23日
公式サイト
http://www.taimadera.org/(中之坊)http://www.taimadera.or.jp/(奥の院)
備考
新西国三十三カ所第11番札所(中之坊)、関西花の寺第21番霊場(西南院)、
大和十三仏第6番霊場(中之坊)
  • 近鉄「当麻寺」駅までまっすぐに続く参道。

  • 仁王門(東大門)

    ここで下馬してください。

  • 梵鐘(白鳳時代、国宝)

    日本最古の梵鐘だそうだ。

  • 本堂(曼荼羅堂)(天平時代、国宝)

    本堂、金堂、講堂の共通拝観券は500円。

    本尊は文亀曼荼羅(室町時代、重文)。中将姫が蓮糸で織ったと伝えられる曼荼羅を文亀年間(室町時代)に転写したもので、観無量寿経に説かれている西方浄土が描かれている。厨子と須弥壇も国宝。

  • びんずる尊者

    本堂脇にいるびんずる様。流石に膝はツルツルだ。

  • 金堂(鎌倉時代、重文)

    ご本尊は弥勒佛(白鳳時代、国宝)。螺髪がかなり脱落しているが弥勒如来らしい。塑像としてはかなり大きなもの。他に、四天王(いずれも重文)と不動明王が祀られている。

  • 講堂(鎌倉時代、重文)

    本尊は阿弥陀如来(藤原時代、重文)。他に妙幢菩薩、阿弥陀如来、地蔵菩薩、千手観音(いずれも重文)、不動明王、多聞天が祀られている。

  • 中将姫

    本堂右手におられました。池の真ん中で寂しそう。

  • 石灯籠(重文)

    日本最古らしい。松香石で作られている。

  • 大師堂

    奥の院の手前を右手に入ったところに建っている。中には等身大の弘法大師様(秘仏)がおられる。2010年の平城遷都1300年祭の折、創建以来初めて4日間だけ内陣が公開された。

  • 中に小さな弘法大師様が祀られていました。

  • 鐘楼

    太子堂の一角にある。

中之坊

  • 中之坊入口

    拝観料500円。

  • 本堂(中将姫剃髪堂)(桃山時代)

    本尊は十一面観世音菩薩(「導き観音」)。

  • 書院(桃山~江戸初期、重文)

  • 役行者加持水の井戸

    役行者が秘薬「陀羅尼助」を精製した際、水を清めて用いた井戸。

  • 茶筌塚

  • 髪塚

  • 中将姫誓いの石

    中将姫の仏道を志す強い信念によって足跡が付いたという石。

  • 庭園(香藕(こうぐう)園)(桃山時代(名勝・史跡))

    大和三名園(他に竹林院、慈光院)の1つ。池泉回遊式兼鑑賞式庭園。

  • 丸窓席(茶室)

  • 庭園

    庭園の池は「心」の字を模したもので「心字池」と呼ばれる。

  • 写佛道場の絵天井(登録有形文化財)

  • 霊宝館

    中之坊からしか入れません。

  • 中之坊東門

西南院

  • 西南院入口

    シャクナゲ、ボタンで有名な花の寺。

  • 中門

  • 本堂

    本尊は十一面観世音菩薩(弘仁時代、重文)。他に、聖観音菩薩(弘仁時代、重文)、千手観音菩薩(藤原時代、重文)が祀られている。

  • 庭園と西塔

    池に三重塔が映り美しい。

  • 水琴窟

    庭園には2つの水琴窟がある。

  • みはらし台より

    みはらし台という一段高いところから庭園や伽藍が見渡せる。本堂方面を眺めたところ。

  • みはらし台より西塔・東塔

  • 庭園(池泉回遊式庭園)

  • 脳天仏

    「首から上の願いすべて成就す」…あの~、頭良くなりますか?

  • 西塔

奥の院

  • 奥の院入口

    石光寺の方から歩いてくると、この北西の門へたどり着く。石光寺からは徒歩10分ほど。

  • 楼門(重文)

  • 楼門(重文)

    奥の院の内側から見たところ。

  • 黒門

  • 鐘楼

  • 正面が奥の院本堂

  • 骨塚

  • 水子地蔵

  • 宝物館

    奥の院、宝物館のセット券は500円。

  • 楼門と東塔、西塔

    東塔、西塔共に天平時代の国宝。東西両塔が現存しているのは当麻寺だけだそうだ。

  • 庫裡

  • 正玄関

  • 大方丈(重文)

  • 本堂(重文)

  • 阿弥陀堂(正面)

  • 阿弥陀堂(左側)

  • 浄土庭園

  • 阿弥陀仏石像

  • 冬ボタン

    浄土庭園のあちらこちらに冬ボタンが咲いている。

  • 石彫くりから龍

  • 十三重石塔

  • サザンカ

  • 阿弥陀極楽浄土ってこんなところなのね。

その他(塔頭など)

  • 糸繰堂

    奥の院の前にある。新しい建物のようだ。左隣はお洒落なトイレ。

  • 護念院

  • 護念院本堂

  • 納経所

  • 千佛院

  • 宗胤院

周辺施設

  • 当麻蹴速(けはや)の塚

    日本初の天覧相撲で野見宿禰(のみのすくね)と戦って負けた(当時の相撲の負けは死を意味する)蹴速を偲んで建てられたそうだ。

  • 相撲館

    相撲の開祖である蹴速にちなんでこの地に建てられた資料館。左隣は観光案内所になっている。(ちなみに向かいは交番)

ページの上部に戻る

mail to:8kayano@otera-senko.com (送信の際は先頭の"8"を削除してください)

©2000 Kayano, All rights reserved. ★不許転載